コラーゲンの美肌効果

コラーゲンは美肌に効果的!?ハリと弾力はコラーゲンから生まれる 

更新日:

髪をなびかせた女性

骨や皮膚など人間の身体の様々な組織はコラーゲンで作られていますが、実はコラーゲンは永久に体内に維持されるものではなくて30代になるとコラーゲン量が減少してしまいます。

コラーゲンは様々な働きがありますが、特に美しい肌のためには欠かせない成分で、コラーゲンが減少してしまうと様々な肌トラブルの原因にもなります。

この記事ではコラーゲンが肌に及ぼす効果ともしコラーゲンが減少したら肌にどんな影響があるのかについて解説していきたいと思います。

ららちゃん
美肌の為に本当にコラーゲンは必要なのでしょうか?

コラーゲンの美肌効果は肌のハリと弾力

コラーゲンは肌のハリや弾力を得るため、つまり美しくて若々しい肌の為にはなくてはならないものです。

コラーゲンがあるのはわずか0.2mmの表皮より遥かに厚い肌の真皮層です。

皮膚の構造出典:資生堂

肌の真皮層にはハリや弾力を生み出すコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、プロテオグリカン、線維芽細胞といった間質成分や組織などが存在していますが、その中でもコラーゲンは真皮の約70%を占めています。

コラーゲン線維は真皮層で網目状に重なり合っていて、引っ張りに強い性質から肌をきゅっと引きしめる効果があります。

ららちゃん
コラーゲンは肌のハリや弾力の源なのです。

若々しい見た目を目指すには新鮮なコラーゲンを作って、肌のハリを保つ事が絶対に必要です。

コラーゲンはどうやって作られるの?

コラーゲンは潤い細胞から

体内のコラーゲンは真皮層にある線維芽細胞から作られます。

この線維芽細胞というのは、コラーゲンだけでなくてヒアルロン酸やエラスチンも作る事が出来る細胞です。

えっ?ひとつの細胞でそんなにたくさんの物質が作られるの?
うさっぴ
ららちゃん
そうなの。だからわたしは「潤い細胞」って呼んでいます。

ハリや弾力がある瑞々しい肌は、この潤い細胞が働いく事で新陳代謝が活発に行われて新たなコラーゲンなどを生み出している証拠なのです。

線維芽細胞からコラーゲンが生まれる

ららちゃん
いつまでも美しくいたい若く見られたいという願いを叶える為には、コラーゲンは絶対に必要なのです。

体内のコラーゲンが減ってきたらどうなるの?

プールで泳ぐ女性

肌にとってはとても大切なコラーゲンですが、コラーゲンは30代を境に年齢と共に減り始めます。

もし体内のコラーゲンが減ってしまったら、本来肌が持っている肌の弾力柔軟性が失われます

ららちゃん
肌の弾力を支えているのがコラーゲンだからです。

肌の弾力が失われると肌を支えられなくなってハリも無くなります。

これが原因となって肌のたるみやシワにつながります。

この様にコラーゲンの減少が肌の老化に大きく影響しているのです。

コラーゲンが減ってしまうと顔が老け込む原因になるんだね。
うさっぴ
ららちゃん
そうなの、だから「いかにコラーゲンを減らさないか」で見た目の印象がぐんと変わります。

実はコラーゲンも肌と同じように古くなると分解されて生まれ変わっています。

コラーゲンの代謝サイクルは数年

髪をかき上げる女性

加齢によってコラーゲンの数が減るだけではなくて、代謝にも影響が及んでしまう事でコラーゲンの質が悪くなる事になります。

体内のたんぱく質の30%を占めるコラーゲン三重らせん構造をしていて、とても丈夫な成分なのでその分代謝の期間もとても長くなります。

ららちゃん
コラーゲンの代謝サイクルは数年といわれていて、合成された後は長い時間をかけて分解されていきます。

肌のターンオーバーは28日周期で生まれ変わりますが、肌の美しさに大きく作用するコラーゲンは数年という時間をかけてじっくりと作られる大切な栄養素なのです。

体内のコラーゲンはダメージを受けると分解される

コラーゲンは紫外線を受ける事によって、コラーゲンを分解する作用がある「分解酵素」を作り出します。

一時的にうけただけの紫外線は修復されるのでコラーゲンにダメージはあたえにくですが、毎日継続的に紫外線をうけてしまうとコラーゲンが分解される原因になる分解酵素が生成されます

ららちゃん
コラーゲンの代謝サイクルが長いので修復が間に合わないのです。

特に衣類で保護できない顔は長い期間紫外線を浴び続けてきたので、30代になるとその影響がシミやシワという目に見える形で現れるのです。

ららちゃん
だから毎日の紫外線対策は大切なのね。

効果的な紫外線対策についてはこちらの記事もご覧ください。

紫外線対策
紫外線対策をした女性
紫外線の影響で肌は老化する!コラーゲンの老化を防いでUV対策をしよう

夏の強い日差しの紫外線対策には、日焼け止めや日傘を使っている人が多いと思います。若い間に受けた肌のダメージが10年後のお ...

続きを見る

コラーゲンが少なくなったらどうすればいい?

逆光の花

体内のコラーゲンが減って肌の調子が悪くなったら、減ったコラーゲンを補う必要があります。

コラーゲンを補う方法はコラーゲンが含有された食べ物をたべるか、サプリなどで補うことになります。

でもここで大切なのが、コラーゲンは分子量が大きいのでそのままでは吸収されないという事です。

コラーゲン入りの食品を食べた場合、消化の際にアミノ酸に分解されその一部が体内に吸収されますが大半は吸収される事なく消化されてしまいます。

そこでおすすめするのがコラーゲンサプリです。ペプチド化されたコラーゲンサプリなら分子量が小さいため身体に吸収されやすくなります。

ららちゃん
不足したコラーゲンを補うことができれば、失われた肌のハリや弾力を取り戻す事ができます。

コラーゲンを摂取すると血液中にコラーゲンに含まれるヒドロキシプロリンなどのアミノ酸が増えて、それが潤い細胞である線維芽細胞に対してコラーゲンの増産を働きかけるシグナルとなる事が最近の研究で分かってきたそうです。

ららちゃん
ホントなのかしら?美肌を目指すわたしとしては気になります。

美肌のためにおすすめのコラーゲン

不足したコラーゲンを効果的に補うためにはどんなコラーゲンでもいいわけではありません。

肌の吸収力と美肌にこだわったコラーゲンを選ぶ必要があります。

具体的にはどんなコラーゲンがいいの?
うさっぴ
ららちゃん
じゃあ今回はわたしが効果を感じた2つのコラーゲンを紹介します。

好きな味で飲める「天使のララ」

天使のララ

ます一番のおすすめは「天使のララ」です。

天使のララは発売から19年目を迎える人気の液体コラーゲンです。

特徴は良質な魚のウロコのみから作られた無添加コラーゲンで、好きな飲み物に溶かして飲むタイプのコラーゲンなので好きな味でコラーゲンを摂ることができます。

天使のララの最安値情報はこちらの記事で詳しく解説しています。

ららちゃん
体内に摂り込むものなので、無添加って安心できるし超魅力的ですよね。

天使のララについて詳しくはこちら

ホンマでっか!?TVの人気医師が作った「天使のベビーコラーゲン」

天使のベビーコラーゲン

もうひとつ美肌のためにおすすめしたいのが「天使のベビーコラーゲン」です。

乳酸菌や卵殻膜を配合したコラーゲンで、赤ちゃんがたくさん持っているⅢ型コラーゲンをサポートする事ができます。

こちらは液体ではなく錠剤タイプですので、どこでも気軽に摂る事ができます。

ららちゃん
天使のベビーコラーゲンで赤ちゃんの様なもちもち肌を目指す事ができます。

天使のベビーコラーゲンについて詳しくはこちら

 

まとめ

水面に浮かぶ一輪の蓮の花

体内のコラーゲンは美肌に大きな効果と影響を及ぼします。

そのコラーゲンは30歳を過ぎると急激に減少していき、さらにコラーゲンの質も低下していきます。

ららちゃん
健康なコラーゲンを保つ事が大切です。

そうなると美しい肌を保つことが困難になって、次第に肌を支えていたコラーゲン線維の働きも衰えて肌のハリや弾力が失われます。

その結果シワやたるみへとつながってしまいます。

そうならない為にも今のうちから紫外線ケアを始めたり、30歳を過ぎたら失ったコラーゲンを補うなどお肌のケアを始めてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

ららちゃん

年齢に負けない美肌を目指す30代女子。私と同じようにお肌の潤い不足に悩む人のお役に立てればと、美肌効果を中心に気になるコラーゲン情報をお届けする自称コラーゲンアンバサダー。 わたしと一緒に年齢肌を感じさせない肌の潤いを取り戻しましょう♪

-コラーゲンの美肌効果

Copyright© コラーゲンのすすめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.